プロフィール

渾沌堂主人。

Author:渾沌堂主人。
無皇隆日の明るい社会っていいですよね。

万物斉同だから、差別など、病気ですは。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
弁財天 より {多謝}

上記文抜粋
・・・・・・・・・・・

噴水で心肺停止の男児見つかる 福井・越前の公園 2020年7月23日 23時25分 (7月23日 23時26分更新) 会員限定
 23日午後5時50分ごろ、福井県越前市高瀬2の武生中央公園内の噴水で、男児が倒れていると消防に通報があった。男児は2歳ぐらいとみられ、心肺停止の状態で発見された。市内の病院に搬送されたが、死亡が確認された。同公園管理事務所によると、噴水は円形で、直径約20メートル、水深約70センチで、常時水がたまった状態という。


越前署まで直線で430㍍、またはじまったみたいだな…w


・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・
抜粋終わり


放射能・人肉食で、ALSは起きるようだ。


で、人食いを辞めれない天皇家がまた動き出した。


DEEPLY JAPAN より

上記文抜粋
・・・・・・・・・・・・
中国、成都の米国総領事館閉鎖を通知

ヒューストンの中国領事館の閉鎖を命じたアメリカに対して、中国が成都の米領事館の閉鎖命令を出した。

まぁ当然で順当な対応でしょう。

中国、四川省成都市の米国総領事館の閉鎖通知

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO61896810U0A720C2000000/

 

次のラウンドは瀋陽ではなかろうかと予想してみたい(笑)。多分1回では終わらないんじゃないの?

双方の領事館はこんな感じだそうだ。

米国は中国本土で上海市や湖北省武漢市、広東省広州市、遼寧省瀋陽市にも総領事館を置いている。香港などに高度な自治を認める「一国二制度」のもと香港・マカオ総領事館もある。中国は米国内にヒューストンのほかニューヨーク、サンフランシスコ、シカゴ、ロサンゼルスに総領事館を置く。

 

これを巡って日本のtwitter界隈ではネトウヨが、アメリカ様が中国を攻撃している、ばんざーい、開戦か、開戦かと馬鹿みたいに喜んでいる人が散見できるけど、ロシアとアメリカ(英米)の外交官追放合戦の方がよほど怖かった。

アメリカ人の反応もあっちの方がキリキリしてた。なんでかというと下らないことをやりあって、下らない反応が連鎖して、双方そこまでの覚悟もない思いもかけない中で、潜水艦発射の核ミサイルの応酬になんかなったらマジで世の中滅びると知ってる人は少数といえども存在するから。

アメリカと中国は現在のところそういうマッチングではない。

また、今回の米中の対応は、イギリスが2018年春のスクリパル親子事件の時に、有無を言わせぬ凶暴さを発揮して、欧州各国を従わせてロシアの外交官を各国から追放させた事件ほどには狂っていない。

露外交官追放とヨーロッパより大事なNATO/EU

あれはもう、ほんとに、狂ってた。イギリス人もびっくりしてた。あそこで、外交のイギリスという名はもう過去のものとなった。

実際ロシア外務省の人が、私たちは皆外交といえば英国を手本に学んだものでした、その意味で尊敬もありました、しかしそれはもう過去のことです、とまで言うという凄まじい一幕もあった。

 

ということで中国とアメリカの対応はまだ全然リーズナブルなレンジにあると思う。

ただ、ポンペオらの聞いていられないほど狂ってる言明の数々は最短でも選挙まで聞かされるんだろうけど、その結果は選挙が終わっても残る。どういう世界になるんでしょうか。

 

■ 大惨事を防ぐのも軍の役目

ただ、もちろんこうやって下らないことをしている中で、南シナ海や台湾でチンピラが暴発して、要するに盧溝橋事件みたいなことがあると制御できないことになる可能性はある。

軍事的にみればその場合は中国が速攻で叩いて終わりにしてしまう、というのが最善だろうと私は思うけど、そういうことを中国ができるのかというのはまだ誰にもわからない。軍ができても、国民がついて行かなければこういうのは失敗する。

(より少ない可能性としては日米が、ということもないとは言えない。中国にも過激派はいる。)

ここらへん、極東は怖いところだと思ったりする。率直にいって中国も未知数部分があり、日本はリーダーがおらず、大惨事歓迎派がおり、さらに、やたらにソーシャルメディアが発達しているというのは、枯葉の前で火を焚いているような状況には違いない。

 

比較相対的にいえばロシア周辺はまだ多少ましだなと思う。周辺各国はロシアの元自国領とか元仲間なので、どんな場所、どんな人たちかを非常によく知り、かつ、場合によっては相手国内にも事態の悪化を望まない人を探し出すことができる可能性がある。そこを巻き込めれば大参事にせずにすむ。

例えば、ウクライナ事件の際のクリミアはまさにそれでしょう。あれは、クリミアに展開していたウクライナ海軍がその場に限っていえば大した人数でもないロシア軍にさっさと降伏したことで大参事を防いだ事件と見ることが可能。というかそう見るべき。

もちろん、その場に限らないとロシアが色んな意味でどれだけ強い奴らなのかをウクライナ軍もウクライナ人の大多数も当然のことながらみんな知ってるからこそ、これができた。無益な血を流してさえ意味がないことを。

そして、半分以上のウクライナ人を含めた広い意味のロシア人は全体として大惨事にならなかったことを評価した。(だから、その後になって、バイデン親子やらCIAのブレナンが乗り込んできて、「テロ対策」と称して残りの半分以下のウクライナ人をけしかけて現地ウクライナ人同士の流血の惨事を作って大きくしようとした。だがロシア社会は挑発に乗らなかった)

 

ついでにいえば、なぜ二・二六事件は流血の大参事とならなかったのかといえば、叛乱軍兵士が事態の悪化を望まず、捨て鉢にならず投降したからだと言う点も語られるべきだと思うな。カルト体制下にあってはそういう理解の仕方は憚られたのだろうけど、でも、だってそうだもの。彼らの説得にあたったいくばくかの陸軍の将校たちは心に生涯ぬぐえない傷を負ったと思う。

いつまでもいつまでも叛乱兵士は困った人でしたという態度を貫いていては、彼らも彼らの周りで疑惑を持って死んでいった人たちも浮かばれないし、そうであるなら私たちも事件を終わりにできない。疑惑の解明だけではなく理解の態度にも工夫が必要だと思うな、私は。

・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・
抜粋終わり

>なぜ二・二六事件は流血の大参事とならなかったのかといえば、叛乱軍兵士が事態の悪化を望まず、捨て鉢にならず投降したからだと言う点も語られるべきだと思うな。カルト体制下にあってはそういう理解の仕方は憚られたのだろうけど、でも、だってそうだもの。彼らの説得にあたったいくばくかの陸軍の将校たちは心に生涯ぬぐえない傷を負ったと思う。

>いつまでもいつまでも叛乱兵士は困った人でしたという態度を貫いていては、彼らも彼らの周りで疑惑を持って死んでいった人たちも浮かばれないし、そうであるなら私たちも事件を終わりにできない。疑惑の解明だけではなく理解の態度にも工夫が必要だと思うな、私は。

一番困った存在。それは天皇。

それをまだ象徴とするカルト国家。





それだけ、天皇と天皇制は、狂っている。


もう天皇がある限りに、日本人に明日は無い。


天皇の無い 蒼い空を取り戻そう


お読みくださりありがとうございます。


スポンサーサイト



<< この国の教育は死んでいる・・・。教育が学校に殺されている・・・ | ホーム | 発達障碍者をもてあそんで、臓器狩りバイトをさせる、天皇財閥。 >>

コメント

加治氏も頓珍漢でした!


確か、この方メーソンと自ら云われて居た。
『幕末維新の暗号』の頃でした。
現在の状況を上記文とは異なる自由主義と共産独裁の戦いと云われる!
米国帰りの方です。
中国がNWOの『1948年』の世界に近付いて居る事は確かでしょうが、体制間矛盾の争いでは、在りません。
youtube検索して見て下さい。


>>【自由主義と共産独裁の最終戦が始まった!】世界が歩むべき道は、ただ一つ‼︎-masakazu kaji-
3,739 回視聴•2020/07/25






訂正お詫び、若干の補足

『1948年』→『1984年』の誤りでした、訂正してお詫び。
プラザ合意を呑まされ、急激な円高に対処するために、日本の企業が中国へ進出したのも、世界市場での国際競争力が国内生産では持ち得ないからでした。
商品の価格は、体系を持ったもので、物々交換から始まる商品交換の歴史と不可分なものだからです。
価格体系を持ったもので無いなら、何も海外に生産拠点を移し、国内産業の空洞化を惹起する事は無かったでしょう。
各国の通貨を対等にし、世界統一デジタル通貨に一本化すると云うQグループ周辺の意見は、全くの出鱈目で、それをしたら、資本主義=商品生産社会は終わるのです。
市場での等価物の交換と云うプロセスを経ないものは、分配で在っても、商品交換では在りません。
強制労働、強制供出の奴隷社会で、物資の極めて貧しい単なる配給社会に過ぎません。
諸悪の根源として通貨を無くすとか、人間が変わる、通貨が変わると喧伝する輩は、世界統一国家を推進するメーソンです。
EU統合の失敗、破綻から各国の通貨とユーロの交換比率が問題の根源で不公平感、不平等感が生じたとの判断から、此れを対等にし、国家、国境を廃止すると共に統一通貨にすれば、首尾よく機能するとの期待でしょう?
しかしながら、利潤を動機とする商品生産社会では無くなり、世界は、大混乱に陥るでしょう。
遣れるものなら、遣って見るが良い。世界大戦に匹敵する程の人が、自殺や飢餓で亡くなります。
「明るい希望を持って生きましょう」と狂人にお追従を述べる輩が此の国にも居る。

Re: 加治氏も頓珍漢でした!

自由主義と共産主義でなく

人食い天皇・王侯貴族一党と、 それから守るまともな人ら。

ですよね。

コメントの投稿

URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

 ホーム