プロフィール

渾沌堂主人。

Author:渾沌堂主人。
無皇隆日の明るい社会っていいですよね。

万物斉同だから、差別など、病気ですは。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
探求三昧 より


上記文抜粋
・・・・・・・・・・
【note】今年の水害は九州で終わりではない?危ない土地に住む人々用+マリアさん岐阜・長野要注意

note:今年の水害は九州豪雨で終わりではない?
冒頭のアイキャッチ画像は、大分県九重町で豪雨により流失したJR久大線の鉄橋。
今回の豪雨で、橋が流されたところが多く、それだけ水の力はすごいのだと思い知らされた。
「水の力」は、洪水や津波でも、人や家を押し流すほどの怖さがある。

今日noteで公開したのは、『今年の水害は九州豪雨で終わりではない?水害発生の傾向がわかってきた』と題した単独記事。
7/4からの熊本南部などの九州豪雨を受けて、何とかこれ以上被災地が広がらないようにと、水害の減災に役立ちそうな情報を、これ以上ないというくらいに有用な情報を盛り込んだ。


・・・・・中略・・・・・・

災害+感染症
今年の春にTOCANAで、新型コロナウイルスのパンデミックの最中に大きな災害が起きたらどうなるかという記事を書いた。

2020/04/27に掲載された、『【警告】「感染症のパンデミック+大災害発生」連鎖の法則が記録で判明! 新型コロナの次は南海トラフ巨大地震か、富士山噴火か!?』という記事。


・・・・・・・・
・・・・・・・・・
抜粋終わり


リャンマガ より

上記文抜粋
・・・・・・・・・・・

皆さまこんばんは。
いかがお過ごしでしょうか?
皆さまの所は雨はどうでしょうか?
九州は大変なことになっています。
そしてまだ続く雨で被害がもっと大きくなるでしょう。
当地もとてもたくさんの雨が降り続いています。
氾濫や土砂崩れは発生していませんが、今後も降る予報ですので警戒しています。
今日は非常に書きづらいです。
この豪雨の被害状況下で今月言い渡されているメッセージをお伝えするのが心苦しいです。
まず、先月の21日に配信しました、メルマガ633号「準備に焦っています」で、これは災害への準備に焦っていますという内容でしたが、この記事に、このように書きました。
「お上さんからは、個人的に来月以降かなり注意されていて、たぶんですね、水害もあるっぽいんです。
たぶん来月、台風か、かなりきつい低気圧が西日本をはじめ、ヒットするのではないかと思っています。
というか、そのような警告を受けています。」
まさしく今回の事ですか?と聞きましたところ、これは序章だそうです。
だから完全にこの事を意味しているわけではないと言われてしまいました。
確かに、今回の大雨の始まりの時にこの雨はどのような状況をもたらすか聞きましたら、今回の大雨がその後の災害に影響すると言われたんです。
というのは、例えば、長雨の後の台風、という意味だったり、大雨で地盤が緩んだ後の地殻変動、であったり。
今月お伝えするべきメッセージとして受けているのは、まずはこのことです。
そして、先述しましたメルマガ633号「準備に焦っています」の最後にこのように書きました。
「一時、上からものすごく備蓄を促されたではないですか。
皆さまもこのまま『ローリングストック』を続けてください。
それと、台風など、前もって災害が予想できる場合は、可能な人は『遠方避難』を視野に入れてください。
そうすることで、助かる人や救われる人が増えます。
全体的な被害を最小限に留める方法の一つでもあります。」
これはぜひ心に留めておいてください。
私の場合は関東まで行かないと身寄りがいませんが、近隣県や移動できる範囲に親族や頼れる友人などいらっしゃる方は前もって話し合っておくと良いと思います。
また相手方が避難が必要になった場合は自分の所にも来れるように準備しておくといいですね。
たぶんですが、今回以上の災害が立て続けに起きると思いますから(杞憂でありますように)。
お上さんが言うには、大雨よりも地震の方が注意みたいです。
月初のメッセージはひとまず以上です。
このような内容ばかりで申し訳ありません。
あ、そうそう、かのビルゲイツさんが、コロナウイルスは10月11月に再発するだろうと発言していましたね。
それまでには次の準備をしっかり終わらせたいところですが、日本はというか日本もこの夏は災害リスクがかなり高めですので、もうこの段階でやらなくてはだめそうですね。
以上です。

今月もリャンティマガジンをどうぞよろしくお願いいたします。
それでは皆さまどうかお気を付けて。
またお会いしましょう!

with love,
リャンティ

・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・
抜粋終わり

>お上さんが言うには、大雨よりも地震の方が注意みたいです。


あるかも・・・


上記文抜粋
・・・・・・・・・・・
神のシナリオと大災害への警鐘
個人的に色々あって「神のシナリオが読めない」とぼやいた事がある。すると、霊から「神は何重にも救済手段を張り巡らして、人を救おうとする」と答えが返った。

災害に関しても同様で、神は様々な方法を使って警鐘を鳴らし人々に不吉な前兆を知らせると思うのだ。


沖縄の神人 比嘉良丸氏は伝染病パンデミックの発生予定地は当初は中国の西安で、何度も祈りに行ったと言っていた。

それが武漢に変更になったのは、先月の中国の南部大洪水で明らかになったように近未来に起きる三峡ダム決壊の破局的洪水から長江下流域に住む人々を少しでも多く逃がす為だろう。



多くの霊能者や霊感持ちが関東での大地震が近いと言っている。最近、関東で地鳴りや異臭がしたり、火球が落ちて派手な音を立てたり、動物が脱走&街中に出没するのも災害の前兆に違いない。

どうしても力抜きで大地震が避けられない場所が東京湾の横浜、もう一箇所が愛知か三重だと比嘉良丸氏は去年にブログで書いていた。茨城北部と群馬栃木の県境でも力抜きが必要とも。


元芸能人で現在は横浜で整体師をしている楽しんごが、今年4月に関東大地震の夢を見たとツイートした。当然、5月13日という日付は外したのだが、芸能人の災害予言は要注意なのだ。

東日本大震災前には渡辺直美が、台湾の学者が日本に大地震が起きると言っていたと発言しニュースになった。芸能人の発言は多くの人が注目するので、あれも天からの警鐘だったと思う。

横浜を中心とした関東南部の大災害が近づいていると推測する。

・・・・中略・・・・・・


今週の大雨で九州や本州各地で河川の増水や決壊の被害が起きている。
これら大雨も大きな地震の予兆である可能性がある。


群馬県みどり市は大雨とひまわりの狂い咲きの異常現象が重なって起きている。
地震前兆の可能性がある。


・・・・中略・・・・
神奈川県横須賀市在住の人が7月2日に鈴落下の報告ツイートをしていた。

その晩遅くに茨城南部でM3地震発生。

その後の流れが、珍しい福井県4連地震から再び9日に茨城南部M4.7大き目
そして東北三陸沖M4.4となった。

恐らく近い内に東北沖から福島沖~茨城が連動して揺れ
それが関東南部に波及して大きな地震を起こすと推測する。



・・・・・・・・・
・・・・・・・・・
抜粋終わり


宏観現象も多く起きている。

なにか起きてもおかしくない。

悪党どもが仕掛けてくる可能性も大。。

自然現象なら騒いでも起きるだろうが、悪党{天皇家やバチカン・西欧王侯貴族}が、そのどさくさに紛れて、前の地震のような「原発爆破事故」をもくろむだろう。

で騒ぐのは意味もあると思う。


お読みくださりありがとうございます。




スポンサーサイト



<< 天皇といじめで、日本人は死に耐える。 | ホーム | 香港の「毒入り偽民主主義」を殺す、中国政府の人道。 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

 ホーム