プロフィール

渾沌堂主人。

Author:渾沌堂主人。
無皇隆日の明るい社会っていいですよね。

万物斉同だから、差別など、病気ですは。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
仏説一切如来金剛寿命陀羅尼経

是(かく)の如く我(われ)聞きき一時(ひととき)仏(ほとけ)恒伽河(ごうががわ)の側(ほとり)に在(いま)して
諸(もろもろ)の比丘(びく)および大菩薩(だいぼさつ)と、無量(むりょう)の天人大衆(てんにんだいしゅ)と
倶(とも)なりき。
爾時(そのとき)に、世尊(せそん)、毘沙門等(びしゃもんとう)の四天王(してんおう)に告(つ)げて言(のたま)
わく。
四種(ししゅ)の法(ほう)あり。甚(はなは)だ畏怖(いふ)すべし。
若(もし)は男若(なんもし)は女(にょ)。
童男童女(どうなんどうにょ)、一切有情(いっさいうじょう)能(よ)く免(まぬが)るる者(もの)なし。
いわゆる生老病死(しょうろうびょうし)なり。
中(なか)において、一法能(いっぽうよ)く逼悩(ひつのう)を為(な)して、対治(たいじ)すべきこと難(かた)
し。
いわゆる死(し)の怖(おそ)れなり。
我是(われこれ)を哀(あわ)れむがゆえに、対治(たいじ)の法(ほう)を説(と)かんと。
爾時(そのとき)に、四天王(してんおう)、仏(ほとけ)に白(もう)して言(もう)さく。
世尊(せそん)、我今日(われこんにち)において大利(だいり)を獲(え)たり。
唯願(ただねが)わくは世尊(せそん)衆生(しゆじょう)のためのゆえにこの法(ほう)を宣説(せんせつ)し給(た
ま)え。
爾時(そのとき)に、世尊(せそん)、面(おもて)を東方(とうほう)に向(むか)えて弾指(たんじ)し、一切如来(い
っさいにょらい)を召集(ちょうじゅう)して、この誓言(せいごん)を作(な)し給(たま)わくあらゆる十方(じ
っぽう)の、一切如来応正等学(いっさいにょらいしょうとうがく)、衆生(しゆじょう)のためのゆえに‥
菩提(ぼだい)を證(しょう)し給(たま)える者(もの)は、ことごとく皆我(みなわれ)を助(たす)け給(たま)え。
今我一切如来(いまわれいっさいにょらい)の威神力(いじんりき)をもってのゆえに、ことごとく一切衆生(いっ
さいしゆじょう)をして非命(ひみょう)の業(ごう)を転(てん)じて寿命を増(ま)さしめん。
我昔(われむかし)よりいまだ衆生(しゆじょう)のために、この法輪(ほうりん)を転(てん)ぜず。
今(いま)においてまさに転(てん)じて。
能(よ)く衆生(しゆじょう)の寿命色力皆成就(じゅみょうしきりきみなじょうじゅ)することをえて夭死(ようし)
の怖(おそれ)なからしめんと。
是(かく)の如(ごと)く南西北方四維上下(なんさいほっぽうしいじょうげ)、召集驚告(ちょうじゅうきょうごう)
し給(たま)うこと、亦復是(またまたかく)の如(ごと)し。
爾時(そのとき)に十方仏眼(じっぽうぶつげん)の到(いた)る所(ところ)の、若干世界(そこばくせかい)をつ
くして、一切如来皆悉(いっさいにょらいみなことごと)く赴集(ふじゅう)して、虚空(こくう)に遍満(へんまん)
し給(たま)うこと、数微塵(かずみじん)の如し。
爾時(そのとき)に、一切諸仏(いっさいしょぶつ)、加持(かじ)のためのゆえに、異口同音(いくどうおん)に、
すなわち一切如来(いっさいにょらい)の金剛寿命陀羅尼(こんごうじゅみょうだらに)を、説(と)いてのたまわ
く。
タニャタシャレイ シャラシャレイ

ミナテイソバサチケイ シャキャラ

ウギャラジ ハラシャマンド

サラバロギャ サラバサトバナン

アダタイ クダタイ マカダタイ

シャレイシャレイ ケイマゲウリ

ケイマニサンニ ケイマシキ

ケウラビ ケウラメイ ケイクラビ 

クラリ クマチ ビシマニマニ

シュシュビバ アシャレイ

ミシャレイ マビランマ コモウ コモウ

オン バザラ ユセイ
「某」
ソワカ。



爾時(そのとき)に、十方仏(じっぽうぶつ)の所(みもと)の、一切執金剛菩薩(いっさいしゅうこんごうぼさつ)、
異口同音(いくどうおん)に、
また延命陀羅尼(えんめいだらに)を説(と)いてのたまわく。

ウンウンシキ ソワカ


是(か)の如(ごと)く。
一切如来(いっさいにょらい)、および十方(じっぽう)の執金剛菩薩(しゅうこん
ごうぼさつ)、
この陀羅尼(だらに)を説(と)きおわって、隠(かく)れて現(げん)じ給(たま)わず。
爾時(そのとき)に、毘沙門天王(びしゃもんてんのう)、仏(ほとけ)に白(もう)して言(もう)さく。
世尊(せそん)、我(われ)また、仏(ほとけ)の神力(じんりき)をもってのゆえに、一切衆生(いっさいしゅうじょ
う)のため加持護念(かじごねん)して、非命(ひみょう)を除(のぞ)かんがゆえに陀羅尼(だらに)を説(と)か
ん。
シビテイ シビタリ リリ
爾時(そのとき)に、毘樓勒叉天王(びるろくしゃてんのう)、また仏(ほとけ)の神力(じんりき)をもって、多く
の衆生(しゅうじょう)のため、夭命(ようみょう)を除(のぞ)かんがゆえに陀羅尼(だらに)を説(と)かん。
マトウゲィ マトウギニ シャマシュボウ。
爾時(そのとき)に、提頭頼咤天王(だいずらたてんのう)また仏(ほとけ)白(もう)して言(もう)さく。
世尊(せそん)、我(われ)また、諸(もろもろ)の衆生(しゅうじょう)のため、死(し)の怖(おそれ)を除(のぞ)
かんが
ゆえに、陀羅尼(だらに)を説(と)かん。

シャレイシャレイ シャラリ。
爾時(そのとき)に、毘樓博叉天王(びるはくしゃてんのう)、また仏(ほとけ)に白(もう)して言(もう)さく。
世尊我(せそんわれ)また、仏(ほとけ)の神力(じんりき)をもってのゆえに、一切衆生(いっさいしゅうじょう)
をして、非命(ひみょう)を除(のぞ)かしめんがゆえに、陀羅尼(だらに)を説(と)かん。
マリン マママ。


仏(ほとけ)、四天王に告(つ)げて言(のたま)わく若(も)しこの経(きょう)を読誦(どくじゅ)して日日(にちに
ち)に受持(じゅじ)し、ないし
一遍(いっぺん)することあらばまさに彼(か)の善男子(ぜんなんし)善女人(ぜんにょにん)を敬(うやま)うこ
と。
仏(ほとけ)の如(ごと)く想(おも)うべし。
終(つい)に三悪道(さんなくどう)に堕(だ)せずして、定(さだ)めて寿命(じゅみょう)を増(ま)さん。
若(も)し人(ひと)、毎日一切衆生(まいにちいっさいしゅじょう)のために、この経(きょう)を転読(てんどく)
せば、終(つい)に夭死短命(ようしたんみょう)の怖(おそ)れなくまた悪夢、厭魅(えんみ)、呪咀(しゅそ)、悪
形(あくぎょう)、羅刹(らせつ)、鬼神(きじん)の怖(おそ)れなく、また水火兵毒(すいかひょうどく)のために
傷害(しょうがい)せられじ。
一切(いっさい)の諸仏菩薩、摂受護念(しょうじゅごねん)し、そのところまた仏(ほとけ)の護持(ごじ)し給(た
ま)うところとならん。
爾時(そのとき)に、世尊(せそん)、この経(きょう)を説(と)き給(たま)いおわって、七大尊明王(ななだいそ
んみょうおう)
毘沙門天等(びしゃもんてんとう)の、一切大衆(いっさいだいしゅ)、皆(みな)おおいに歓喜(かんき)し、信受
奉行(しんじゅぶぎょう)しき。
仏説一切如来金剛寿命陀羅尼経(ぶっせついっさいにょらいこんごうじゅみょうだらにきょう)


普賢延命菩薩(ふけいえんめいぼさつ)、真言(しんごん)
オン バザラ ユセイ
「自分の名前を入れる」
ソワカ。


・・・・・・・・・・・・
お経は終わり


参考は これと これと これ


半分備忘録的に。


自分や家族の健康、認知症予防にいいとか。

新型コロナ対策にいいかも。

まあ、最後の「風水的対策」として。


お読みくださりありがとうございます。

スポンサーサイト



<< 大坂なおみは、賢いは・・。 | ホーム | 西欧王侯貴族と天皇家 今日も人食い明日も人食い・・。 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

 ホーム