プロフィール

渾沌堂主人。

Author:渾沌堂主人。
無皇隆日の明るい社会っていいですよね。

万物斉同だから、差別など、病気ですは。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
闇の正体は 偽ユダヤ (グローバリズム)  より

上記文抜粋
・・・・・・・・・
世界支配層の人類への攻撃 ・ 元ロシア軍諜報機関大佐


■ 元ロシア軍諜報機関大佐が

「新型コロナはパンデミックではなく『陰に隠れている世界支配勢力』による人類への攻撃」と暴露!

 

(英語の字幕はありますが 日本語の字幕はありません)

 


 

 

 

以下は、ロシア国営TVの報道番組にゲストに呼ばれた元ロシア軍GRU(軍事情報局)ウラジーミル・クバチコフ大佐が語った『新型コロナウイルス』に関する内容です。


1.今回の『新型コロナパンデミック』は、公衆衛生の観点やパンデミックの観点から考えるべきではない。

2.この『コロナウイルス現象』はパンデミックではなく、世界支配勢力の観点から考えるべきだ。

すなわち、宗教的観点、政治的観点、金融的観点、経済的観点、国家的観点から考えるべきだ。

3.『コロナウイルス現象』は『パンデミック』と呼ばれているが、メデイアは嘘をついている。

 

これは世界規模の戦略的な特別オペレーションなのだ。


4.正確に言うと、これは『陰に隠れている世界支配勢力』の指令官とスタッフが、

 

人類を支配するために行ったオペレーションだということだ。

5.『陰に隠れている世界支配勢力』の目的は、世界人口の削減である。

6.この考えは彼らの固定的な考えである。



彼らはこの地球には普通の人間が多すぎると考えている。

彼らは、彼らと同じ人種の人間がおよそ一億人、それに仕える人間が多くて10億人いれば良いと考えている。

そうすれば豊かに暮らせると考えている。なぜなら今の世界人口は多すぎると考えているからだ。


7.コロナウイルスと金融危機は相互に結び付きほとんど同時期に起きる。

8.その目的は、世界中で人の移動をストップし政治的自由を制限することである。

9.しかしこの二つを政治によって実行するのは事実上不可能である。なぜならば憲法が保障しているから。


10.人々が持って当然と思い、永久に持っていると信じる政治的権利がある。

これらの権利を人々から奪う最初の試みは、2001年9月11日になされた。


11.米国のツインタワーやペンタゴンやホワイトハウスへの攻撃を覚えている人は多くはないと思うが、
この攻撃の後『テロとの戦争』が宣言された。


12.『現在のコロナウイルス現象』を正しく理解するためには、『人類への戦争』の最初の試みが『テロとの戦争』に偽装されたことを忘れてはならない。

13.『陰に隠れている世界支配勢力』が『2001年911事件』を引き起こしたのだ。

14.今彼らは、より大きく人間を支配し人間性を奪うための口実としてコロナウイルスを持ち出してきた。

15.『陰に隠れている世界支配勢力』の司令官とスタッフは、人々の政治的権利を制限し人々に恐怖を与えるのだ。

16.これは第二の目的である。

最初の目的は人口削減。第三の目的は金融経済の破壊である。

例えばここに価格が1ドルの鉛筆が1本あるとすると、株や約束手形やデリバテイブ金融商品などの金融経済においては、20倍もの価格になるのだ。

17.すなわち、実体経済は金融商品を通してバーチャルな経済になるのだ。

今世界は1000兆ドルから2000兆ドル規模の金融バブルであり、金融バブルは破裂させる必要があるのだ。

18.FRBは最近セロ金利になった。 多くの国で預金金利をマイナスになっている。世界はすでにバブル破裂に向かっているのだ。

(No7-1おわり)






・・・・・・・・・
・・・・・・・・・
抜粋終わり



上記文抜粋
・・・・・・・・・
封鎖政策の罠


休業支援で無利子・無保証でお金が借りれると言っても
返却しなくちゃいけないんですよ。
それを考えているんでしょうか。
もらった気でいる人がいて心配になってきます。
営業再開の見通しもなく、
再開しても元の売り上げが達成できる見通しもなく、
そんな中で安直に借りることは危険です。
恐ろしいほどの借金地獄の絵が想像できます。

ロックダウン中に国から出て行くお金、
一体どれくらいなんでしょう。
政府からお金をもらっても
結局ツケは国民に回ってくるんですよね。
そして身売りする国も出てくるでしょう。
それが彼らの狙いだから。

経済に限らず、
元の世界に戻させないことが彼らの狙い。
元に戻ったら困るんです。
だから次々と新しい恐怖を捏造して、
人々を閉じ込める。
商店や会社のシャッターが次々と下りて行く様をみて
大喜びしている彼らの顔が目に浮かぶ。

311の時のように
封鎖解除しろ!のデモがあっても良さそうなのに、
全く気配なし。
(日本の場合、実質滴には封鎖だから)

p@OdNezu

「現在西側世界の国々が取っている封鎖政策は、企業の大量閉鎖、輸送網の崩壊、そして劇的な国家債務の増加につながる。つまりは国民が負担することになる債務だ。現在の支援と名の付く政策はいずれはすべて税収によって補填しなければいけないからだ。」(アンドレアス・ポップ)

「ところでここで一人ひとりがしっかり認識しなければならないのは、”支援政策”は、そもそも政権が防疫対策と称する封鎖を行わなければまるで必要性の生じないものだったことだ。」(アンドレアス・ポップ)

「これは1907年にJPモルガンが仕掛けた金融恐慌以来、世界資本の金融界が独占していくために常に定期的に起こされてきたものだが、今問うべきは新型コロナ危機という今回の金融戦争が最終的に彼らが世界政府を完成させるための最後の一押しなのかということだ。」(アンドレアス・ポップ)


p@OdNezu

「新型コロナ危機はマスコミによって大いにバブル化され、つまり世界レベルで大ドラマ化され、その論理的矛盾がいかに明らかだろうと我々は目を瞑って参加することを強制されることで、目下我々すべての人間性の改造が行われつつある。」(リュシアン・スリーズ)

「新型コロナ危機後には今までの世界に戻ることはもはやないとマスコミは繰り返し、我々は新たな心理・行動基準を決定的に刷り込まれようとしているが、これは社会の中の人間関係を科学的に合理化するための実験を生身の人間を使って行っているのだ。」(リュシアン・スリーズ)

「新型コロナ防疫封鎖政策によって我々の本来の生理リズムと生来の人間性、また自然で本能的な集団行動における知性は解体され、G.H.Wブッシュが1990年9月11日に共産主義の終焉を祝って宣告したかの新世界秩序に適った人間性・行動基準に書き換えられていく。」(リュシアン・スリーズ)

「新型コロナ危機を管理するバイオ権力は我々の神経と健康を手玉に取っているのだ。新型コロナというその半分は架空であるこの危機から、現実生活において全国民が監禁されるという封鎖措置が実際に発生する事実を前に、我々の神経と感性の健全性は限界に曝される。」(リュシアン・スリーズ)

ソーシャル・エンジニアリングとは可逆的な人心操作やプロパガンダの域を遙かに超え、人の心をハッキングすることで、本人に気付かれないままいつの間にその人の行動パターンを不可逆的に改造しようというものである。」(リュシアン・スリーズ)

「一方リアリティ・ビルディングとは "言葉による現実の製造"である。これは催眠原則をベースにしている。つまり催眠術師の言葉が被験者にとって現実になるのと同じだ。たとえ物理的な矛盾を含んでいてもただの語りが受け取る者にとって現実となるのは、受け手の側に絶対的な信頼がある場合だ。」

「聞き手が大きな信頼を寄せる相手とは、被害者として救いを求める者か、あるいは聞き手にとって救済者の立場として現われる相手である。」

「私達の今体験していることを理解するには現実とフィクション、事実と可能性との間を絶えず行き来する必要がある。これらは人間の脳内で常に連動している。”テロの脅威”の場合と同様、リアルとフィクションが混在する構造である。」(リュシアン・スリーズ)

ディディエ・ラウル医師がボードリアール哲学を踏襲し ”すべてが現実だ” とする者も "すべてが架空だ"とする者も間違っていると言う通り、新型コロナの公式見解が噓だからと言って疫病自体が実在しないわけではない。疫病は実在する。それを説明する語りに噓が盛り込まれているのだ。」(スリーズ)

一方でストーリー・テイリングの語る出来事自体が偽りであるというケースもある。その場合 "現実"は完全にある表象のうちに内包されている。それを ”ポスト・リアリティー”だとか”ポスト事実" 時代と呼ぶ。」(リュシアン・スリーズ)


ナカムラクリニック@nakamuraclinic8

「ビデオの出典の保証はできないけど、アイルランド警察が娘と釣りをしていた父親を逮捕した様子。娘の心には一生消えないトラウマが残ったことだろう」ロックダウンを無視して外出するとこんなふうになるという一例。
https://twitter.com/gemmaod1/status/1255248041898053637


1%の僕のニール・ファーガソン。

p@OdNezu

封鎖政策とは、そもそもが医療体制の自由経済化(採算の合わない空きベッドのカット)を支えるためにニール・ファーガソンらによって考案されていた防疫対策ですから…。

「前回の記事でいかにして過去20年誤まった予測ばかりしてきたロンドン・インペリアルカレッジの統計学者ニール・ファーガソン博士が今回もCovid19による驚異的な死者数予測を広めていたかを紹介したが(…)西側世界が実施しているロックダウンの起源をさらに説明したい。」(チエリ・メイサン)

「私は何週間にも亘って過去の疫学関係資料を漁ったが、このようなロックダウン政策については何一つ見つからない。疫病に対してかくなる防疫対策の取られたことは過去に一度もない。その時カイザー・ヘルス・ニュースに公表された書簡がヒントを与えてくれたのだ。」

「この書簡によれば、2005~2009年にかけてブッシュ政権がこのような全国民封鎖政策を計画していたのだ。05年米国防省は国外駐留している米軍がバイオテロ攻撃を受けた場合の対策を練っていた。」

「テロリストとは米軍基地内に侵入できない外部者であるというネオコン的発想から、バイオテロ攻撃は軍人が外出した時に起こるものと想定された。その場合、感染者の入院と健常者の兵舎内待機政策は論理に適っている。普通米軍ベースは数ヶ月の篭城に耐えられるよう考案された小さな村だからだ。」

「だが国防長官ラムズフェルドは社会全体を軍人と民間人の区別をなくしたものに再構築することを意図していた。そうすることでテロに対する全体戦争に一人一人を召喚できるからだ。彼は2001年9月27日のワシントンポスト紙上に掲載した『新たな形の戦争』でそのことを説明している。」

「米軍がバイオテロ攻撃対策として練った基地内での感染者の入院と健常者の自宅隔離という軍事規則を一般社会に応用する任務を負ったのはCarter Mecher医師とホワイトハウスのRichard Hatchettで、2006年にこれをアメリカ疾病予防管理センターに採択させた。」(チエリ・メサン)

「当時この案はドナルド・ヘンダソン博士(ジョン・ホプキンス大学)を始め、大多数の医師の猛反対に遭った。防疫対策として国民全員を自宅に閉じ込める政策は医学的にまったく意味を持たない上、基本的なすべての人権を侵害するというのが当時発言したすべての医師の意見だった。」

「当時疫病に対する国民総封鎖政策は、9・11テロ後に全体主義化した行政が採択させた米国愛国者法と同類のバカげた考えに過ぎないと見なされた。ところが2017年トランプ政権はこの案に関するあらゆる資料を破棄させ、Richard Hatchettは疫病準備革新連合(CEPI)事務局長となったのだ。」

「疫病に対する準備のための革新連合(CEPI)の任務とはワクチンのための投資を国際的にコーディネイトすることである。」

https://en.wikipedia.org/wiki/Coalition



・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・
抜粋おわり

>新型コロナはパンデミックではなく『陰に隠れている世界支配勢力』による人類への攻撃


その隠れている勢力の一つが「天皇家」

新型コロナのスポンサーの一人がビルゲイツ。

これでワクチンとそれにつけ足した極小チップを埋め込んで、人間牧場を作る。


てのが、ビルゲイツと天皇家と西欧王侯貴族の狙い。


ビルゲイツに、勲章を上げた天皇家。参考  参考 2

殺人技術万歳ってことだ、天皇家のな。


今の天皇は梓が紋章。

梓は「梓宮」となりそれは天子の棺桶を意味する。


天皇の終わり。



悪王の終わり。





そんな感じもしている。




まずは

ご冥福をお祈りします。
阿弥陀如来 太山寺
南無阿弥陀仏

あと、今の日本人を

「とんかつ屋に解体され食われるのに、その店主を応援する豚」と評することとがあるが。

ちょうど、とんかつ屋の店長さんが、亡くなられた・・・

悲しい話だが、せめていい象意であってほしい。



お読みくださりありがとうございます。

スポンサーサイト



<< すべては西欧王侯貴族と天皇家とその財閥のために、日本人を殺す。  | ホーム | とはいえ、教育・マスコミを抑えられて、長時間労働と体育会系支配で、日本人はそもそもまな板の鯉。 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

 ホーム