プロフィール

渾沌堂主人。

Author:渾沌堂主人。
無皇隆日の明るい社会っていいですよね。

万物斉同だから、差別など、病気ですは。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
金玉満堂ブログ より

上記文抜粋
・・・・・・・・・・
メディアが腐り果てているのだ

■騙された国民だけが悪いのではない。メディアが腐り果てているのだ
適菜 収


国民を騙すメディアが腐っているのだ。

 『プロパガンダ 広告・政治宣伝のからくりを見抜く』(A・プラトカニス/E・アロンソン著 )という本がある。刊行された1998年の段階で、《アメリカ政府は自国に有利なプロパガンダを作り出すために8000人以上の人間を雇っているが、その費用は年間400億円に達する。その結果、1年間に90本の映画が製作され、22カ国語で12種類の雑誌が発行されている。ボイス・オブ・アメリカは37カ国語で800時間にわたり番組を放送し、推定7500万人がこれを聴いている。これらが、すべてアメリカのやり方の正当性を主張するために使われているのである》。

 どこの国でも事情は同じだ。日本も広告会社によるマーケティングとプロパガンダで政治が動いている。その背景にはニヒリズムがある。議論によって相手を説得し、合意形成を目指すよりも、社会に一定の割合で存在するバカの動向をマーケティングで探り、プロパガンダにより「ふわっとした民意」をすくい上げたほうが手っ取り早いと考える連中が、政権中枢にもぐり込んだ。これを露骨にやったのが小泉政権におけるB層(=構造改革に肯定的なバカ)戦略だった。騙すバカと騙されるバカの自転車操業。

...........

《プロパガンダは特定の観点を受け手に伝達することであり、その最終的な目標は、受け手がその立場があたかも自分自身のものであるかのように「自発的に」受け入れるようにすることにある》(前掲書)



 強大な権力が情報を押し付けても無駄である。心理学の知見を駆使し、自発的に隷属への道を選択するように情報を操作する。そのためにはテンプレートがあらかじめ用意される。

 例えば「既得権益を握っている悪い人間がいるからだめなんだ」といった具合だ。守旧派、抵抗勢力、伏魔殿……どこかに悪を設定し、それを「改革」する姿勢を見せることにより、大衆のルサンチマンを吸収し、拡大する。その背後では常に危機が演出される。



 人間の脳は認知した情報をすべて処理するのではない。

《人間の情報処理の能力には限りがあるので、複雑な問題を単純化する周辺ルートを採用することが多い。何か良い理由があるからではなく、単純な説得の小道具につられて、よく考えずに結論や主張を受け入れてしまうのである》(前掲書)



 人間は理解できないことや自分の世界観に合致しない事実を提示されると、自分を守るために事実のほうを歪めていく。社会心理学者のレオン・フェスティンガーは「認知的不協和」という言葉を作った。一貫しない二つの認知があると人間は不快になる。特に自尊心が脅威にさらされると、歪曲、否認、自己説得が行われる。



..........................

《アメリカの大統領は、状況を分析し合理的に行動するために必要な情報を市民に提供することを拒否してきた。本当の意味で不幸なのは、多くのアメリカ人がシニカルな態度を抱き、自分たちが欺き導かれることを当然のこととして受け入れるようになってしまったことだろう》(前掲書)

 日本で発生した現象も同じだ。

 多くの日本人が政治に対してシニカルな態度を取るようになったとき、心理学から動物行動学まであらゆる知見が悪用され、人間を傷つけ始めた。

烏賊略

・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・
抜粋終わり


フジサンケイは、「テレビ見仏記」以外は、私的には無用。

アサヒも「ぽつんと一軒家」以外、 なくても困らん。

NHKは、マジメに銀英伝を全部やってみろ、あと要らん。


お読みくださりありがとうございます。

スポンサーサイト



<< コビトウイスルの真相かも。  | ホーム | よくわからんが、凄いことが起きている。 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

 ホーム