プロフィール

渾沌堂主人。

Author:渾沌堂主人。
無皇隆日の明るい社会っていいですよね。

万物斉同だから、差別など、病気ですは。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
・・・・・・

なにか、根本から考え直す必要が、日本にあるようだ・・

天皇はもちろん、労働も・・


お読みくださりありがとうございます。
スポンサーサイト



齟齬 より

上記文抜粋
・・・・・・・・
すべての社会集団のなかで個人主義者は反逆者でありつづける。

ロシアの革命家、ヴィクトル・セルジュ(1890-1947)がL’Anarchieに記載したエッセイを英訳より訳しました。

なお、セルジュについては山路昭氏のエセー(PDF)が詳しい。


個人主義者と社会
Source: L’Anarchie, No. 323, June 15, 1911;
Translated: by Mitchell Abidor for marxists.org;
CopyLeft: Creative Commons (Attribute & ShareAlike) marxists.org 2006.

社会という言葉は集団の同義語である。今日、ほとんどの人間は莫大な手段を構成する。無数の下位集団(人種、国籍、社会階級、イデオロギー集団)に細分されているにせよ、それでもひとつの全体として考えることができる。社会という言葉で我々が示すのは、この全体、恐るべき集団性である。

社会を個人の集合とみなし、その重要性を否定することは、短絡的、あまりに短絡的である。それは社会心理学、群集心理、さらに驚くべきことにはもっとも初歩の観察結果を理解できていないことを意味するのだ。実際に観察が示し、研究が裏づけていることによれば、利益や願望、あるいは似かよった遺伝を通じて人々が一緒になる、その事実によって人間が変化させられるのである。新しい心理が創造され、それが連合の成員すべてに共有される。群衆を構成するという時点で、群衆は、それを構成する個人とは異なるメンタリティ、人生、運命を持つのである。

社会という存在は個人存在を支配する生物学と同じくらい不変であるところのこの法によって支配される。

さて、ここで問題提起しようではないか。これら法は個人にとって好ましいものだろうか? 本能と調和したものだろうか?

すばらしい短文「Precis de Sociologie」でジョルジュ・パラントは書く。「社会はいちど形成されると、自らを維持しようとする」したがって、「すべての領域――経済的、政治的、法的、道徳的――において個人の活力は、共同の有用性のもとに窮屈に屈服する。この規律のもとに屈従しない活力の哀れなことよ。社会はその活力を慈悲もなく破壊あるいは排除する。それは盲目の本能のように、否応なく執念深い。ひどく具体的な形で、社会はショーペンハウアーが「知性と切り離された生への意志」と表現する残酷な力を示している」

盲目の本能のように否応なしに、執念深く振る舞う。それはひどく具体的な形で、ショーペンハウアーが「知性から切り離された生への意志」と表現する残酷な力を表出する」

現代の社会学者のほとんどが認めるように、我々は「社会保護の一般法」をあまりにその肩に重く受けとめているために、このことはいっそう事実である。

このことに「すべての組織化された社会が成員に、行動、外見、意見や理念の一定の同一性を求める社会的コンフォーミティ」と、「結果としてもたらされるコンフォーミズムに反逆する個人を排除する法」を加えたとき、個人と社会のあいだの対立の全容が示される。

我々が理論的に到達した結論の際立つ例を確認するには、ひとめ見渡すだけでいいのである。

実際、その名のもとに各々が万人に潰されるような、いわゆる社会契約よりも不道徳なものはあるのだろうか? 君は労働者に、兵士に、娼婦になるだろう、社会がそれを要求するために。そして一度も合意を求めずに強制された契約によって。君は法律に服従して伝統の下僕となる。慣習法と風習にしたがって生活する。そして伝統、法律、風習は君を制限して発展を妨害し、苦しみを生むのだ。服従せよ、屈服せよ、放棄せよ。そうでなければ隣人が君を非難し追求する。世論はあざ笑い、君の無礼に対して最悪の刑を要求し、法が君を攻撃する。飢え、中傷され、罵られ、名誉を傷つけられた君は、彼らが容赦なく圧殺するところの反逆者となる。

それが現実だ。「私」には祖国はない、また守るべき金も財産もない。私の関心など社会にはどうでもいい。社会に必要なのは兵士である、だから私に祖国、兵舎、軍服を強制する……。

「私」はもはや、群衆の人生を支配している時代遅れな道徳のカモではないのだ。私は自由に愛することを切望する……。しかし、社会体が必要とするのは、法律を尊重する愛なのであり、市長の前で結婚しないと法律と世論は厳しいものとなる。

私は労働を愛する。しかし自由に労働したいのだ。賃金システムが提示するのは奴隷、強盗、餓死の選択肢である。

そして我々は社会的組織のひとつの形態ー権威主義的資本主義――を他のものより非難すべきではない。たしかに、はるかに悪性が少なく、合理的で知的に組織された社会を考えることは難しくない。しかし実現が多かれ少なかれ非現実的で議論の余地があることはさておいても、それがつねに深刻に個人の発展を妨害するものであることは隠すべきではないのだ。

集産主義者の未来仮説は、自らのオートノミーを守ろうと望む個人と国家のあいだの熾烈な闘争を予感させる。もっとも広範な意味で――無政府共産主義者の友人たちのように――理解するとしても、社会集団は単一のイデオロギー信条をその成員に強制する傾向は避けがたい。いぜん個人と社会のあいだに闘争がある。それは自由と物質的生活のかわりに、知的、道徳的な独立のための闘争である。そして未来の人間にとって――もしその未来が実現したならば――その闘争の道のりは、現在のパン、愛、新鮮な空気のための闘争と、同じほどの悲痛なものではないということはないのである。

すべての社会集団のなかで個人主義者は反逆者でありつづける。

個人と社会の対立に気づいたというだけで我々が非社会的であると考えられるべきではない。しかし我々の敵はその混乱を幾度も生み出そうとしてきた。

社会のなかの生活は、意義を唱えることをもはや考えなくていいという利点がある。しかし、自分の理念に従い生きることを切望するエゴイストとして、それを受け入れることはできない、避けがたい不都合があるとしても。これは個人主義者の特徴のひとつである。:「彼は諦めない。たとえ運命づけられていることであっても」

もし社交的な個人が、隣人に迷惑をかけない――あるいはできるだけ迷惑をかけない人間を意味するのであれば、個人主義者はまさしく社交性の塊である。なにより興味深いがこれは事実なのである:より多く邪魔すれば、邪魔される。したがって彼は他者に好きなように生きさせる、彼らが自分に同じ権利を与えるかぎりは。実質的目標を考慮して、彼は「自由に合意されたアソシエーション」、善意による一時的なアソシエーションの利点を無視することはしない。しかしあ彼れは団結の偶像のカモとなることは望まず、集団、教会、教派に吸収されることを認めないのだ。

彼が強いほど――強くなければ自分を肯定することは不可能だと我々は考えるが――いっそう社交的であるだろう。

強者は寛大である。寛大であるほどに豊かである。もっとも精力的な反逆者、社会のもっとも不屈の敵は、つねに心の広い者だったのだ。


・・・・・・・・
・・・・・・・・・
抜粋終わり

>強者は寛大である。寛大であるほどに豊かである。もっとも精力的な反逆者、社会のもっとも不屈の敵は、つねに心の広い者だったのだ。


そう思う。これが正しいと思う。


・・・・・・・・・・

反対かもしれない見解だが、

>強者は寛大である。寛大であるほどに豊かである。


てのは共通していると思う。



お読みくださりありがとうございます。
ねことそらのあいだ より

上記文抜粋
・・・・・・・・・
黄泉がえる古代(7)

 
宇美断層は福岡市のアイランドシティから、神功皇后の橿日宮(香椎宮)→ 出産神話の糟屋郡宇美町(かすやぐんうみまち)を通って、太宰府市へとつづく。

右側の断層がそう↓。


 警固断層


当ブログでは福岡県西方沖地震の警固断層とあわせて「阿曇(あずみ)断層帯」とよんでいる。
古代海洋民阿曇(安曇)族ゆかりの断層帯だ。

「恐怖のホタカ」こと志賀大明神は、この阿曇族の祖神の総称。
二大拠点は、糟屋郡(現福岡市東区)志賀島の志賀海神社。
長野県安曇野市の穂高神社。

穂高神社はごぞんじ日本アルプス総鎮守。
志賀海神社はイザナミの熊野那智大社とおなじ人類初の原爆実験「トリニティ」ライン。


 100_0562.jpg
北緯33度40分「トリニティ」ライン


日本アルプスと、「トリニティ」実験。

シクミ上の志賀大明神の特性も、このふたつのジャンルに集約される。
すなわち、地殻変動と、火と鉄と戦争のカルマだ。

志賀大明神には縄文海洋民の伝統をうけつぐ自然神的な側面と、弥生や古墳時代の航海神、外交神としての側面がある。
もちろん外交には戦争もふくまれる。

僕がよく『もののけ姫』のシシ神にたとえるのは前者。
いまの列島の大変動期は、志賀大神の復活からはじまった。

一方、武家や庶民に大流行した中世の八幡信仰で、志賀大明神とあがめられたのは後者。
火と鉄と戦争のカルマの神。

僕らにとって重要なのは、黄泉の大地母神イザナミとの共鳴で、この二面性がどんな結末をもたらすのかということ。

その最たる過去の例が、地殻変動の巨大津波による福島第一原発の破壊。
原子力は神々にとって、人類の「火と鉄と戦争のカルマ」にほかならない。

ことし4月16日、黄泉の熊本大地震の日の全国緊急事態宣言。
つづいて18日、小笠原諸島西方沖M6.8の深発地震でイザナミが動いた。

これに共鳴したのが志賀大明神=恐怖のホタカ。
4月22日にはじまった北アルプス群発地震はかつてない規模であり、安倍日本に対する「戦いの踊り」だと見なさざるをえない。

巨大地震の前ぶれって可能性が高いが、もう一つ気になるのが「火と鉄と戦争のカルマ」だ。
それがどう出るのか。

1stステージとおなじパターンでくるのか、それとも巨大地震+カルマ大放出で、新型コロナにつづいて僕らをさらなる渾沌の闇に陥れるのか。

パターンはいくつか考えられるけど、カルマ大放出の最たるものはやはり戦争ということになる。
「83(闇)」の空母「いずも」の出番だ。

僕が米国VS中国や、尖閣諸島における習近平の暴走を懸念してるのはそういうわけ。

北アルプスの群発が、いまのとこ8月3日の「闇の日」を最後に止まっちゃってるのも、なんかブキミだよね。


福岡の志賀海神社の本殿には、綿津見三神が祀られている。

正確にいえば、志賀大明神は本殿奥の今宮神社の神たち。
「恐怖のホタカ」の穂高見命や、「安曇磯良丸伝説」のイソラ神もソコに祀られている。

ただ志賀大明神=綿津見三神だと思ってもらってもとりあえずはかまわないし、その方が海洋神ってだけでなく「火と鉄と戦争のカルマ」の神って意味でもわかりやすいかもしれない。

綿津見三神が、父なるイザナギの禊祓でうまれた神だからだ。

神話では、黄泉比良坂を千曳(ちびき)の岩でふさぎ、イザナミと訣別したイザナギは筑紫で黄泉のケガレを禊祓う。

当ブログ的にはそれが縄文との訣別。弥生のはじまり。
「火と鉄と戦争のカルマ」のはじまりだ。

その禊祓でうまれたのが、
警固神社の、八十禍日神(やそまつひ)・神直日神(かんなおひ)・大直日神。
博多住吉神社の、底筒男命(そこつつのを)・中筒男命・上筒男命の住吉三神。
そして志賀海神社の、底津綿津見神(そこつわたつみ)・中津綿津見神・上津綿津見神。

日本中をさがしても、これら「父なる禊」の神々が集中して祀られる断層帯はほかにない。
そのほかならぬ阿曇断層帯(福岡県西方沖地震)から、今回の「伊勢出雲同年遷宮のシクミ」ははじまったのだ。

一般にはマイナーな神でも、シクミにおける志賀大明神の存在感はそれだけデカいってことだし、またイザナギの「父なる禊」の地からはじまったという事実は、シクミのメインテーマが「火と鉄と戦争のカルマ」の解除にあることを物語る。

イザナギも当初はそのために動いていたし(いまや存在感ゼロ)、福島第一原発のビッグバンも解除の一例だ。

もちろん神話のみならず考古学的な裏づけも、、阿曇断層帯にはちゃんとある。

縄文から弥生への変遷を知る上で、もっともだいじな地域。
縄文晩期の水田稲作遺構で有名な国の史跡、板付遺跡もあるしね。

阿曇族にしても、日本の古代史における彼らの役割はもっと評価されるべきだろう。

たとえば西暦57年に後漢の光武帝から金印をもらったという「奴国」の王は阿曇族の王だろうし、日本海軍の発祥は応神王朝の阿曇大浜だ。
ヤマト王権の朝鮮半島進出が本格化してゆくのはソコから。

古墳時代の前期。
律令国家以前の「海洋国家ヤマト」の礎を築いたのが、古代阿曇族だと云っても過言じゃない。
(阿曇浜子が住吉仲皇子の乱に加担しなきゃねぇ)

ちなみに応神王朝のつぎが、あの仁徳天皇。

まあ僕が書くと長くなるので、こちらのブログに目を通してみていただけたらと思う。


火と鉄と戦争のカルマ」って意味でも、阿曇族が果たした歴史的な役割と、シクミにおける志賀大明神の存在感は一致する。

さて、いつもながら前置きが長くなったけども、以上の点をふまえて2019年7月6日と、2020年4月2日のふたつの重要事象をふりかえってみたい。
糟屋郡の女性会社員殺人事件と、福岡市初のクラスターだ。

女性会社員殺人事件は「恐怖のホタカ」と「安曇磯良丸伝説」の流れで、阿曇の地元の糟屋郡。粕屋(かすや)町で発生した。

事象神社はまんま志賀神社。
とうぜん志賀大明神の本拠、志賀島の志賀海神社からの分霊だろう。

「恐怖のホタカ」の攻撃性を裏づける、「火と鉄と戦争のカルマ」の激ヤバ事象。
犯人が粕屋町江辻(えつじ)の人間だと知って、背筋が寒くなったのを憶えている。

江辻といや日本最古の環濠集落。「江辻遺跡」だからだ。

環濠集落は、集落の周囲に防御用の濠をめぐらせた弥生時代の特徴的な集落。
日本史上はじめて戦闘が意識された集落は、渡来人によってもたらされた。


 江辻遺跡


環濠集落は江辻や板付遺跡から、関東東北におよぶ列島各地へと拡がっていく。
佐賀の吉野ヶ里遺跡とか、奈良の唐古鍵遺跡とか有名だよね。


 環濠集落

最初の環濠集落が糟屋につくられたのは、渡来のバックに筑紫の航海民阿曇がいたからだろう。
いわば「火と鉄と戦争のカルマ」は阿曇が運んだ、ということになる。

しかも犯人の名は古賀だった。
北部九州の古賀姓には、古代中国の漢の高祖の末裔って話まである。

まんま渡来人事象の殺人事件。
まさに「黄泉がえる古代」。
「火と鉄と戦争のカルマ」の放出だ。

さらに問題なのが、粕屋町の江辻が宇美断層のボーリング調査地点でもある点。
宇美断層の真上なんだよね。

つまり、断層+環濠集落

このワードって、もろに志賀大明神のふたつの属性。
地殻変動と、火と鉄と戦争のカルマ。

断層=地殻変動。
環濠集落=火と鉄と戦争のカルマ、だ。

それが殺人事件によって、事象的に強調された。
穂高議員の「戦争発言」に端を発して示された「恐怖のホタカ」の意志は、まさに「殺人」にあるってことだろう。

前回僕がこう書いたのは、そういうわけ。

>「恐怖のホタカ」につづく「安曇磯良丸伝説」は、僕にきわめてキナくさい
 インパクトを与えた。
 志賀大明神は大地震だけでなく、「火と鉄と戦争のカルマ」を大放出させ
 ようとしている。

 それが確信に変わった、つまりダメ押しとなった事象が、つづいて7月6日
 に福岡県糟屋郡粕屋町の志賀神社の神域で起きた女性会社員殺人事件
 だった。

粕屋町の殺人事件が暗示するのは、「火と鉄と戦争のカルマ」の大放出。
安倍日本に対する、志賀大明神=恐怖のホタカの強烈な殺意。

サイアクの場合、「断層+環濠集落」は「巨大地震+戦争」へと転換され、Wパンチとなって僕らに襲いかかる可能性も想定しておかなければならない。
すくなくとも僕にとっては、そういう覚悟をもとめられる事象だったんだよね。


ことし4月2日、福岡市で発生した初のクラスターもまた弥生遺跡がらみだった。

しかも、「隈の神」イザナミとの共鳴事象。

隈(くま)の神とは、熊野に祀られた黄泉の大地母神イザナミのこと(熊野那智大社)。

2016年4月1日の三重県南東沖地震(熊野沖)⇒ 4月6日の高隈山U-125墜落事故(鹿児島)。
そして4月16日に 黄泉の熊本(隈本)大地震を起こしたのも、隈の神イザナミ。
「隈」の流れ。

じつはそのことを書こうとしてた矢先に4月16日に全国緊急事態宣言が出て、あれよあれよって間にイザナミと恐怖のホタカが大共鳴しちゃったんだよね。
4月18日の小笠原諸島西方沖深発地震と、4月22日にはじまった北アルプス群発地震だ。

なのでクラスターの記事が、ここまでのびのびになってしまった。

福岡初のクラスターが起きたのは、相生会金隈病院の介護老人福祉施設「楽陽園」。
9人の感染が確認された。

3月4日の「トートサイクル住吉店」殺人事件とおなじ福岡市博多区。
博多区の金の隈(かねのくま)ってトコにある。

おまけに月隈丘陵のすそだ。
「月+隈」なんて、ワードとしてはもろ「月黄泉」だし...。

「え、また隈(くま)?」
と、眉をひそめられた方もいると思う。
そう。博多区に「隈」とくれば、2016年の地下鉄七隈(ななくま)線の陥没事故。
イザナギの禊祓いの地に開けられた、隈の神イザナミの「黄泉の穴」だ。

「隈」は地名としては奥まったとこ、すみっこって意味だけども、ケガレや暗さ(黒ずみ)、厄や病を意味する古語でもある。
だから黄泉のイザナミ=隈の神。

つまり、金の隈=金のケガレ
ともとれるわけ。

なぜ新型コロナで「金の隈」が示されたのか、みなさんも 思いあたるんじゃなかろうか。
安倍政権的に...。

とはいえ、「金か命か」が事象テーマだったアベノミクス解散総選挙で「金」を選んだのも、「国難」解散総選挙で「国難」を選んだのも僕ら国民。
その結果が、「金(経済危機)」+「国難(感染拡大)」=新型コロナ。

安倍政権だけでなく、僕ら国民もふくめて安倍日本=金の隈って見なされてんだろうな。

で、そう見なされた僕らはどうなるのか。
ってトコまで暗示されているのが、このクラスターの特徴。
じつにブラックなオチだ。

金の隈といえば、136体もの人骨が出土した国の史跡、「金隈遺跡」。

弥生時代の大規模共同墓地。
すなわち、「墓」だ!




まさに黄泉がえる古代!

このクラスターは糟屋郡女性会社員殺人事件や「トートサイクル住吉店」殺人事件はもちろん、2016年の地下鉄七隈線の「黄泉の穴」ともつながっている。

そしてこの金の隈の「隈」の流れが、黄泉の熊本大地震の日の全国緊急事態宣言と、イザナミと恐怖のホタカの大共鳴。
さらに、球磨川の大氾濫。
岩戸熊野神社の球磨村や、青井阿蘇神社の「青の警告」につながっていくんだよね。

いやらしいことに金隈遺跡は支配者の墓じゃない。
119の土壙墓、348の甕棺墓からなる、弥生時代の一般庶民の墓地だ。

つまりシクミの犠牲の対象は安倍政権ではなく、あくまで僕ら庶民だということ。

だからこそ2月1日の福島県警ヘリ「あづま」の事故で、「シンゾーを捧げよ」ってメッセージが来たんだと思う。
さもなくば、狙われるのは僕ら国民だ。

まあ安倍が病気でも何でも辞任さえすりゃ、すこしは読みも変わってくるんだけども...。

ちなみに福岡初のクラスターの翌日。4月3日の黄泉の日。
新型コロナの全国の重症患者は「73」人 。
死亡者は国内77人。クルーズ船が11人。
あわせて「88」人 。
と、NHKが報道。

まんまイザナミの「73」と、出雲の「88」だよね。


さて、事象の流れとしてはいま、きわめて切迫した状況にあるにもかかわらず、現時点で巨大地震にすぐにつながるような兆候はまだあらわれていない。

7月30日に広範囲にわたる緊急地震速報の誤報はあったけど。

たださ、前述のとおりいまとまっちゃってるんだよね。
恐怖のホタカの北アルプス群発地震が。

それも、8月3日の「闇の日」を最後に。

まあまたはじまるかもしれないし、いまのとこ考えないようにしてるんだけども。
・・・・・・・・・
・・・・・・・・
抜粋終わり

で、今度は、大阪の梅田で、大量の江戸期の人骨。

まあ、墓があったのだよな。


なんかくるな・・


まあ、悪いことしまくっている「天皇カルト国」


なんかあるよな・・



天皇の無い 蒼い空を取り戻そう


お読みくださりありがとうございます。








スピリチュアル野郎の超常的日常 より

上記文抜粋
・・・・・・・・・・・
新型コロナ第2波と今後のパンデミックの推移

6月終わりには収束するかと思われた新型コロナ感染だが、7月初旬から新たに感染の勢いが増した。
7月初旬から現在まで感染者は3万人も増えて累計5万人に達したという。

・・・・・中略・・・・・・・

今年年末の12月からはインドの天才少年占星術師アナンド君の予言する別の伝染病が世界的に流行になるようだ。日本国内に入るのは来年になってからだという。

霊によるとこれも呼吸器系の伝染病になる。
霊能者比嘉良丸氏の予言する人類の2~3割が死ぬ恐怖のパンデミックがこれになる可能性が高いらしい。


来年には経済が完全崩壊し、大災害が頻発して電気や水道も止まる事態になるかもしれない。
今の内に食料を備蓄し、できる限りの対策をしておきたい。


・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・
抜粋終わり


普通に、「一回目ので、あたりを見て、油断させて、第二波を打つ」という、生物兵器テロとしては有効で、それを戦争製薬マフィア~天皇家と西欧王侯貴族の、算段だろう。


用心に越したことはない。

まあ、その前に天皇家を根絶やしにしたら、心配無用だがな。


天皇家の無い 蒼い空を取り戻そう


お読みくださりありがとうございます。
ひむかの風にさそわれて より

上記文抜粋
・・・・・・・・・

二人くらい昨年播磨キーワードの

夢を見ているんです。






播磨は前から来てるのと

百瀬さんが淡路島の方向に地震

と、いっていて、わたしも

大阪駅のおっきな歩道橋から西を見て

地震が来た夢を見ていたから

播磨が気になりました。


播磨はここ

播磨灘ということもあります。






ザワザワがあるこの時期。

みなさんちょっと気にしていてください。


関東圏、東北も千葉、茨城も

心配ですが、意外に関西も

揺れてしまう可能性があるので

注意してお過ごしください。



・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・
抜粋終わり


山崎断層・・・ってある・・・


用心用心・・・


お読みくださりありがとうございます。

| ホーム |


 ホーム  »次のページ